●梅本製作所製自由雲台のお手入れ方法


・梅本製作所製 自由雲台の
           ボールへのグリース(グリス)の塗り方

《用意するもの》

◆指定グリース
 ・推奨:梅本製作所の高精度自由雲台専用グリース(お求めはこちら
 ・または、ホームセンターなどで容易かつ安価に入手できる
 「リチウム石けん基」のいわゆる『万能グリース』(茶色いグリース)。
 ・グリースについての解説は自由雲台のグリース(グリス)のページへ

 ・ボロ布
 (古くなったTシャツのようなメリヤスがおすすめです)
 ・ようじ等
 ・新聞紙など(机や床が汚れないように、下に敷いて作業してください)

・グリース塗布作業

自由雲台のお手入れ1
1)
まずボール表面をきれいにします。
カメラ台を90 度たおして(支柱がスロットに入る角度)
指に巻きつけたボロ布で、
ボール側面の汚れ等をなでるようにふき取っていきます。

自由雲台のお手入れ2
2)
カメラ台をゆっくり回転させてボール側面360 度をきれいにふきあげます。
特に汚れがひどいと感じた時は、常にボロ布のきれいな所を使い汚れが再付着しないようにしてください。
スミの方もぼろ布の先などを使ってきれいにふき取ります。

自由雲台のお手入れ3

3)
1回目のふき取りが完了しました。
(写真ではボロ布はきれいですが、
実際に拭くと結構よごれが付いていると思います。)


自由雲台のお手入れ4

4)
グリースを塗布します。
量はだいたい米粒大程度です。


自由雲台のお手入れ5

5)
ようじの先でボールの上にグリースを置いていきます。


自由雲台のお手入れ6  自由雲台のお手入れ7
6)
カメラ台を少しづつ回転させながら、
ようじの先でボール全体になじませていきます。

自由雲台のお手入れ8 ポイント!

7)ここがポイント!!


今なじませたグリースを、一度拭き取ってしまいます。


ボールにグリースを塗るということには、ボール表面に油分を与えることはもちろん、
ボール表面の汚れを取る
という2つの意味があります。
特にボール表面の汚れを取るということがとても大切なのです。
そのためにもったいないようですが一度塗ったグリースを、汚れごと拭き取ってしまいましょう。
たぶんこの時もボロ布が結構汚れていると思います。
これでほとんどの汚れは取れます。

・特に汚れが目立つときは、この4.〜6.の作業を二〜三回繰り返してください。

8)
さて、最後の仕上げです。
 4〜6の作業をもう一度繰り返します。
※このグリースは拭き取らないでください。

自由雲台のお手入れ9 自由雲台のお手入れ10 自由雲台のお手入れ11 自由雲台のお手入れ12

自由雲台のお手入れ13

9)
これでグリース塗りの出来上がりです。
次回はボール表面が汚れたと感じたら、
このお手入れを行なってください。


※ 使用頻度や環境によってお手入れの間隔は異なりますが、
最低でも四季折々年に4回程度は行ってください。

◆必ず前記の「指定グリース」をご使用ください。
それ以外の油脂類の使用は、ボール部の摩耗/カジリなどの原因になります。

このページのトップへ




・梅本製作所製 自由雲台の
           クッションコルクの清掃方法

自由雲台を長く使っているとクッションコルクが黒っぽくテカってしまうことがあります。
すると、カメラ底部がクッションコルク上ですべる原因にもなりますし、
見栄えもよくありません。
これは、カメラの底に付いた汚れや手脂などが、
クッションコルクに付着/蓄積してしまうのが原因と考えられます。
そこで、クッションコルクの清掃の仕方を以下に記します。
試しにやってみてください。
かなりキレイになり、摩擦力も相当程度回復するはずです。

コルクの剥がれ/砕けが始まっているものは、清掃の効果がでないことがあります

《用意するもの》

1)メラミンスポンジ又は綿棒(紙軸で綿部分が密なもの)
 メラミンスポンジのほうが、効果が高いです。
2)乾いたボロ切れなど


・掃除の仕方
1)自由雲台を三脚から外し机などに置きます。
2)カメラ台が水平になるようにして締め付けつまみを締めます。
3)メラミンスポンジならば指先程度の極小さい大きさに切ります
綿棒はそのまま使います。

クッションコルクの清掃方法1

4)メラミンスポンジ又は綿棒を、ほんの少し湿った状態にして、
(水が垂れるのは付けすぎです)
カメラ台の端から少しずつ、
消しゴムで字を消すようにして、汚れを取っていきます。
綿棒は、先端の丸い部分を主に使います。


5)今汚れを取った部分を、すぐにボロ切れで拭き取ります。
ボロ切れが茶色っぽく汚れるとおもいます
6)これを、部分を変えつつ、カメラ台全体に対して行います。
7)清掃が終わったら、風通しの良いところで十分に自然乾燥させてください。


※剛性体は絶対にこすらないでください。
また、剛性体とコルクの間には、水が入らないようにしてください。
剛性体脱落の原因になります。
剛性体が脱落すると、入庫修理になってしまいます。
剛性体はクッションコルクと微妙な寸法関係で、共同して効果を発揮しています。
ですから、お客様ご自身で剛性体を取り付けることはできません。

カメラ底部と自由雲台のカメラ台との回転方向へ対抗する摩擦は、
主にカメラ台の周辺部で発揮しています。
ですから剛性体の周りは、いじらなくても差し支えありません 。


様子を見ながら、
少しずつ(1センチ角ずつくらいで)やってみてください。
一気に広い面積で無く、気長に少しずつやるのがコツです。

このページのトップへ





会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。